宝珠山 理智院

境内の桜が開花しました。

境内の桜の開花が始まりました🌸

本堂前の山桜から始まり、ソメイヨシノも開花し始めています。

山門まえの山道から見える、薄っすらピンクに色付いた桜の花やま。

どうぞご参拝下さい🌸

Instagram&Facebookも更新中。

泉州、大阪最南端の町 岬町(阪南市、和歌山)の真言宗寺院。

4月8日 仏生会(花まつり)12時~ 本堂前於

 

4月8日は 仏生会(ぶっしょうえ)・花まつり です。

お釈迦様さまの誕生日を祝う行事です。

お釈迦様は美しい花々が咲き乱れるルンビニ園という花園でご誕生され、

そのご誕生を天地が祝うかのように天から甘露の雨が降ったという言われから

花御堂をお花で飾り、甘茶をお釈迦様の像にかけて御祝します。

 

お釈迦様はご誕生されてすぐ、右手は天 左手は地を指し

7歩あるかれ『天上天下唯我独尊』と言われたそうです。

この言葉の意味は

私たち一人一人の命は誰にも変わることができない尊いもの。。。

とあるそうです。

 

 

当院では 4月8日(月)10時より~本堂前 花御堂於

仏生会・花まつりの法会をいたします。

甘茶のお接待あります。ご自由にご参拝下さい♪

 

 

Instagram&facebook  更新中。メニューからどうぞ。

 

泉州、大阪最南端の町 岬町(阪南市、和歌山)の真言宗寺院。

 

 

 

お彼岸です。

3月18日は彼岸の入りです。

当院ではすでにお彼岸のお参りが始まっています。

お彼岸前の土日…境内墓地にもお参りの方々の姿がちらほら。。。墓地の中がお供えされた綺麗な花々で賑わいを見せてきました♫

墓地へ行く途中、本堂の前を通ります。

こちら本堂前の掲示板。

時節のご挨拶や行事案内、イベントポスターなどを掲示しています。

現在はお彼岸について掲示されています。

お彼岸

彼岸とは到彼岸の略語であり

「迷いのこちら岸」から「悟りの向う岸」に渡る という意味です。

岸と岸の間に流れる河が「この世の苦しみ」であり、「仏さまの教え」という舟に乗り、先祖を敬い供養する感謝の気持ちという「櫓 ろ」で苦しみの水をかき分け悟りの向う岸を目指します。

暑さ寒さも彼岸まで。。。

春秋彼岸は年を通し最も穏やかな時節におだやかな心でご先祖さまに向き合うに最適な週間です。

南無大師遍照金剛

当院にご参拝の際は、この掲示板の前で少し足を止めてご覧になってみて下さいね。

Instagram&facebookも更新中!メニューからどうぞ♫

泉州、大阪最南端の町 岬町 (阪南市、和歌山市)の真言宗寺院。

蓮の植え替え。

山門入ってすぐ、参道の脇には蓮の鉢が並んでいます。

梅雨が明け、初夏にかけて参道を数種類の蓮の花々が彩ります。

参拝の方々の目を楽しませてくれるこの蓮。。。

毎年3月、この時期に鉢の土を入れ替え、蓮根を掃除して植替え作業をします。

 

成長した蓮根を取り出して、この中の一部だけを新しい土に植えていきます。

 

いつもお世話になる地元の方から、大切な田んぼの土を分けていただきます。

軽トラックに軽く1台分くらい頂くんです!ホント、ありがとうございますっ!

土を入れてこんな感じ。

蓮根を種類別に植えて・・・

芽が出るまでは少しの水を張っておきます。芽、葉っぱが出てくると鉢いっぱいに水を張るそうです。

 

その後、ボーフラ対策のためにメダカちゃん達を鉢の中に泳がせます♬
メダカの学校の様子をみて、お参りのお子さん達がすご~く喜んでくれます!

植替えた鉢を参道に並べます。
なかなかの重労働ですが、住職はホントに楽しいようで。。。笑

 

こうしたお世話の成果で年々、種類も増え 花も大きく美しく咲くようになりました。

 

蓮は太陽が大好き!たくさんの陽を浴びて成長し、鮮やかな緑の大きな葉と美しい花々がお参りの方々をお迎えします。

 

皆様のご参拝をお待ちいたしております♬

 

 

 

Instagram&facebookも更新中!Top画面からどうぞ。

泉州、大阪最南端の町 岬町(阪南市、和歌山市)の真言宗寺院。

毎月28日 不動護摩供 6時~本堂於。