TOPページ 境内案内 交通案内 年中行事 季節の理智院 ブログ 宝珠会 English
法印桑山重晴
法印桑山重晴像
絵地図
本堂
大師像
十三仏像
参道
墓地
山門
ちょうづば

数字をクリックして下さい

地蔵堂
高野槙
納骨三昧堂
 
 真言宗御室派 
    宝珠山 光明寺 理智院
 
 天平五年(七三三)聖武天皇の
 勅願により、行基菩薩により
 開創される。
 当初 本尊は行基菩薩御作・
 聖観世音菩薩を安置するが、
 後に弘法大師空海御作・
 追風不動明王を
 本尊に迎え今日に至る。
 縁より 
 西の金比羅 東の理智院といわれ
 追風不動の追風を
 船の「帆」にうけ
 海上安全・交通安全の守り仏として
 様々な人々に信仰の
 拠り所として親しまれる。
 現存する本堂は慶長十年(一六〇五)
 豊臣秀吉に仕え
 紀伊和歌山城主を務めた後
 出家された法印桑山重晴によって
 再建された。